先輩の声

急性期病棟/4年目下玉利のぞみ

現在の部署は?
主に循環器、脳神経外科、呼吸器内科などを担っている病棟です。急性期看護を必要とする患者さまが入院されており、その中でも高齢の方が多く、急変などもあるため少しの変化にも疑問を持ち、見落とさないように気をつけています。
印象に残っているエピソードは?
患者さまに良い意味で名前を覚えてもらったり、退院の時などに「ありがとう」や「あなたに見てもらえて良かった」と言われたことが印象に残っています。また、辛い時に信頼できる同期や親身になってアドバイスしてくれる先輩に支えてもらい、自分一人ではないと実感できたことも印象に残っています。
普段心がけていることは?
笑顔で接することや、患者さまが安心して看護やケアを受けられるように心がけています。こちらが不安げな表情をしていれば、患者さまも不安になります。笑顔で接することで患者さまも笑顔になり「あなたの笑顔を見ると元気が出る」と言ってくださる方もいるので、少しでも患者さまも支えになれるよう頑張っています。
入職したきっかけは?
知り合いの勧めです。病院の雰囲気も良いですし、新人教育がしっかりしていることや夜勤開始が1年後という点も魅力で、自分のペースで仕事ができると思いました。
将来の夢は?
何か他の人に負けないような専門分野を習得できるように日々勉強していき、自分に自信をつけていきたいと思います。まだしっかりとは決めかねていますが、認定看護師になって、一つのことに特化した看護、知識やスキルを身につけていきたいと思っています。
一覧へ戻る